大井川鉄道井川線接阻峡温泉駅前

Hiroki sakurada | 2008/4/5 23:07
取集時刻 (2017/01/05 更新)
平日土曜休日
10:0010:0008:00
ポスト番号: 23 | 取集支店: 島田(千頭)
静岡県 榛原郡川根本町 犬間 165
QRコード

コメント (7)

おかしやさん
アプト式電気機関車
アプト式鉄道区間を超えてこの駅に到着しました

千頭から先のトロッコ区間はトンネル断面が小さくて
アプト区間を走るこの電気機関車をここまで運ぶのに
ご苦労されたようです
Hiroki sakurada
しずてつジャストライン 538 横沢バス停
僕は今は無き新静岡=畑薙ロッジ間の急行バス静岡井川線で井川へ行き、鉄道で帰ったのでした。
おかしやさん
静鉄バスがこんな山奥まで来てたのですかあ
Hiroki sakuradaさんはここまで、てっきり車だとおもっておりました
そうですかー片道バスだともっと早く帰宅できたのかもしれませんねぇ
あ!このバスは、今は無きですか。。。残念無念

12月から大井川鉄道のフリー切符は冬季割引期間に入っております
普段よりも割安ですので是非ご利用してくださいね
帰りの井川16時発のトロッコ区間の乗客はほぼ全線貸し切りでした
乗客もいない日もあるそうです
夏季には大盛況のトロッコ区間も
12月になるとめっきりと乗客が減るのだそうです
しかし地元利用客が少ないですがいらっしゃるようで
運休には出来ないようです

当日乗務の若い車掌さん
どうもお世話になりました
今でもほぼ同じ経路でバスはありますよ~。

<井川地区自主運行バス> http://www.city.shizuoka.jp/deps/kot...
横沢~井川~白樺荘を1日2往復、静岡~横沢は静鉄バスが継続。

たしか登山・観光シーズンは静鉄が運行していたような気がするけれど、今後はどうなのかな?
9人乗りのワゴン車なので観光客が大挙して押し寄せると困ると思いますが、個人的な観光利用もOKだと思いますよ(地元外収入は貴重なはず)。大型車が走れない道ではないので、日常の利用客はワゴン車で捌ける程度なんでしょうね。
Hiroki sakurada
しずてつジャストライン 538 井川駅前2しずてつジャストライン
僕が乗ったときにも新静岡~横沢線はありました。
ただし、一部経路が違ったのと、静岡井川線は急行運転だったって事です。
ちなみに静岡横沢線は普通の路線バスです。

元々は「大井川鉄道バスとの交互運行」だったそうですが、大井川鉄道バスが撤退したのは今は昔。
僕が乗ったときも「静岡井川線廃止記念乗車組」が半分(3人)
このバスは静岡井川線のみで利用されているなんて運転手が言っておりました。

ちなみにこの後、別の機会に静岡=井川=金谷=御前崎とバイクで行き、ポスト&公衆電話を撮影しまくりました。
おかしやさん
大井川鉄道大井川鉄道大井川鉄道大井川鉄道大井川鉄道大井川鉄道
みかちゅうさん、まだこのルート生きてるんですねぇ
そう言えば下り電車の到着を受けて井川初のマイクロバスがありました
それに乗ると言う選択肢もあったのですね、気が付きませんでした
行きはSL帰りは京阪特急テレビが撤去されているテレビカーに乗って金谷まで帰ってきました
名鉄パノラマカーが走るといいのになあと個人的には思いました

Hiroki sakuradaさん
金谷から御前崎に向かう途中の牧の原台地は茶畑の中をさぞ気持ちが良かった事でしょう
その先の相良と言う町に旧静岡鉄道駿遠線のトンネルが生活道路としてそのまま残っていて
その先も自転車道路として残っています
いつかゆっくり見に行こうと思っていたのですが。。。。残念
代わりに行かれませんか?
winecolor
2017/11/25にNHKBSプレミアムで放送された「ニッポンぶらり鉄道旅/″昭和の宝物″を探して/大井川鐡道」で見ました。