TOP » 川柳 »
漫画または人形のような「犠牲にならない」材料を使うことが子供に対する本当の危害につながることを示す証拠がないと言いました。
https://www.jpdolls.com
何人かの人々は、我々が行動を非難しないならば、我々が譲歩しているか、小児性愛症を引き起こすかもしれないと恐れていると言いました、しかし、子供の性人形が子供たちに対する行為につながることを示すしっかりした科学的証拠がありません。彼は、子供の性人形を使う人々の研究がないと言いました。そして、彼らの長期行動を追跡しました、しかし、誰が「行動するか」の他の臨床指標があります
https://www.jpdolls.com/goods/p413.h...
「危害のデモンストレーションがあるまで、「ickiness」は誰かの自由な性的表現を制限するレベルにちょうど上がりません。彼女は現実の手術のための彼女の人生を危険にさらすと考えている。
https://www.jpdolls.com/goods/p239.h...
「私はアマンダです、私はフィンランドからいます、そして、私は私の形成手術からほとんど死にました」と、彼女が言いました。私の究極の夢は、現実の性人形になることです。私は、整形手術を受けることが性よりよいと言います。. . よりよく」
https://www.jpdolls.com/goods/p460.h...
Amardaは最初に8歳で形成手術について学びました、そして、その点からそれが彼女の運命であるということを知っていました。「私は彼を探しているのが好きではありませんでした」「彼が私が望む何かがあるかどうか、私に尋ねました、そして、私はより大きいおっぱいが欲しいと言いました」と、彼女は言いました。「私は砂糖パパに会ったことがありません。私は彼に電話で話したばかりだ。明らかに、誰かが私の手形や手術を支払うし、私との物理的な関係を持っていないことに満足している場合は、罰金です。
kakadoll | 2019/2/25 15:08

コメント

まだ、コメントはありません。